bit

緑茶で渋みを再現したノンアルコールワイン

       
最近はノンアルコールビールの種類も増え、なにかと重宝している人も多いはず。だが、たまには気分を変えて、ノンアルコールのワインはいかが?

ノンアルコールワイン自体は以前からあるが、今年3月にユニークな1本が登場した。なんと、緑茶を使ってワインの渋みを再現したというのだ。それが山梨のワイナリー、シャトー勝沼が発売した「Katsunuma Grape」(カツヌマグレープ)。

シャトー勝沼の担当者いわく、
「“飲酒運転をなくしたい”という想いから生まれたアルコール0.00%、ノンアルコールのワインテイスト飲料です。お酒を飲むシチュエーションはさまざまですが、雰囲気だけでも楽しんでもらいたいと思っています」
緑茶と濃縮果汁をベースにした独自の製法で、ポリフェノールとカテキンを含みヘルシー。甘さを極力おさえ、ワインの風味を持たせているという。飲みたくても飲めないときはもちろん、パーティや祝いの席ではアルコールが苦手な人にとってもありがたい存在になりそうだ。

実際に飲んでみると、すっきり軽い飲み口が印象的。ほのかな苦みも感じられ、なるほど単なるブドウジュースではない。どこまでワインに近いと感じるかは人それぞれだが、本物のワインと比べるというより、純粋にこの味を楽しむのがオススメかも。これからの季節、かるく冷やして飲むと爽やかさが一層引き立つ。和食や中華、エスニックなど幅広い料理に合うのも嬉しい。

価格は1本1050円(税込)。全国のスーパーや酒販店のほか、

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年7月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。