ちょっと前に、「あなたのパソコンを3D化するための値段」で紹介したように、3Dコンテンツを見るためには結構なお金がかかる。だがごく最近、1万円くらいで2Dコンテンツを3Dに変換して見られるようになったことを知った。「これは急ぎ紹介せねば」と思い、筆をとった次第。果たしてその方法とは。

現在主流になりつつある3Dコンテンツの見方(アクティブシャッター方式)を見るためには、専用のモニターとメガネが必要だ。その値段は前掲のコネタ記事の中で示したとおり、これらを揃えると6万円くらいの出費となる。さらに、3Dブルーレイ対応の光学ドライブやら、ビデオカードも揃えなければならない。

だが、『PowerDVD 10 Ultra 3D Mark-II』(サイバーリンク製、実勢価格1万円前後)というソフトを使えば話はまったく別である。これはもともと2Dコンテンツを3Dに変換する機能を備えていたのだが、7月6日に無償アップデートされて『Mark-II』となり、安上がりに3Dコンテンツが見られるようになった。

それはアップデートによって、「アナグリフ式3D」の映像に対応したからだ。すでに見たことがある人は多いと思うが、アナグリフ式とは「赤と青のメガネ」をかけて見る3Dコンテンツ形式。映像が赤と青に色分けされており、それを赤・青メガネで見ると、立体的になるというもの。メガネは赤と青のセロファンがあれば誰でもつくれるし、出来合いのものを買ったとしても1000円くらいで済む。なので、出費はほぼソフト代だけでオッケーだ。