review

電子書籍7つの不安

電子書籍の話をすると、「こうだからイヤだ、不安だ」というおきまりのフレーズがある。ここでは、その代表的な7つの不安を取りあげて、本当にそうなのかどうかを検証してみよう。

【1】目が疲れるでしょ!?
こう言ってる人は、Einkで読んだことがない人だろう。
Einkは、Kindleなどの電子書籍リーダーで使われている表示画面技術。
「マイクロカプセル型電気泳動方式」って言うらしい。
磁石のペンで砂鉄をくっつけて絵を描くボードのオモチャ、あれの凄いヤツを想像してほしい。
白と黒の粒子を、電圧をかけて移動させて表示する技術だ。
だから、液晶のように後から光を放ってくるわけじゃない。
紙と同じように、外部の光を反射して表示しているのだ。
実際に、Einkのディスプレイで読んでもらうとわかるが、目は疲れない(というか、紙の本を読むぐらいにしか疲れない)。

【2】長いのは読めないでしょ!?
上で説明したようにEinkならそのようなことはない。液晶のバックライトからくる目の疲れがないからだ。
もうひとつ。Kindleは300g。ハードカバーの本ぐらいの重さだ。だから、寝転がってよむことも可能。PCで長いモノが読めないのは、垂直に立ったディスプレイを椅子に座って読むという姿勢が原因のひとつだと気づいた。気楽な姿勢であれば、長編でも読める。
ぼくは、Kindleで、いま太宰治の小説を年代順に読み進めている。長編も読んだ。読める。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク