review

映画「ザ・ホード 死霊の大群」のゾンビは、一途で健気な〈走るゾンビ〉だ

7月17日(土)以降全国順次公開中の「ザ・ホード 死霊の大群」(以下「ザ・ホード」)でゾンビが走っている。

「ザ・ホード」はフランス生まれの〈走るゾンビ〉映画。パンフレットによるとフランスでは既に何本かのゾンビ映画が制作されてはいるものの、〈走るゾンビ〉が出るのはこれが初とのことだ。
〈走るゾンビ〉とは何か。週末の夜の交通機関を見れば分かる通り、人間の理性がゆるんだ場合の行動パターンは大きく分けて二つある。無口になったりどんよりとした目で座り込んでしまうダウナー系。ゲラゲラ笑ったり突然怒り出したりするアッパー系。ゾンビも同じで、ぐったりした様子でノロノロ動く〈歩くゾンビ〉と、うなり声を上げて人間を見つけると走り寄ってくる〈走るゾンビ〉がいる。

なお〈走るゾンビ〉には先達がいて、「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー監督賞を取ったダニー・ボイル監督の「28日後…」が有名だ。特殊なウィルスで理性を失った感染者が、感染していない人間に襲いかかる。スピード感を出すために感染者に陸上選手を起用したというエピソードの通り、まるで細長い箱に収まっているように美しいフォームで火だるまになってもズンズン迫ってくる。これはこれで確かに怖い。

「ザ・ホード」の〈走るゾンビ〉には、そこまでの美しさや速さは無い。代わりにとにかく獰猛でとにかく頑丈。一途でけなげと言い換えてもいい。まず、人間を見たら目と歯を剥いて一声吠えて脇目も振らずに走り寄ってくる。そこが狭い通路だったらもう激情が抑えきれないとばかりにバンバン壁にバウンドしてもんどり打ちながら向かってくる。さらに、殴り倒されてもショットガンで撃たれても跳ね起きて即座に再チャレンジ。へこたれない。台所の戸棚に頭を挟まれシンクの角に頭をぶつけられ蹴られて殴られて首しめられて引き倒されて踏まれて食器ぶつけられて冷蔵庫倒されて下敷き。ここまでやられてようやく止まる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク