review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第59回 “あきらめない”と誓ったるいが絶望に伏すジョーを抱きしめる

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第13週「1964-1965」

第59回〈1月25日(火)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第59回 “あきらめない”と誓ったるいが絶望に伏すジョーを抱きしめる
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第60回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


“トランペットを吹くことだけができない奇病”

幻とか劇中劇が出てはくるもののこれまでわりとリアリズムのドラマだった『カムカム』だが、ジョー(オダギリジョー)が罹ったのは「トランペットを吹くことだけができない奇病」。ほかのことはできるのに……。ここだけリアルじゃないわけはないと思うのだが、いったいなんの病なのだろうか。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜59回掲載中)

あちこち病院に行っても一向に治療方法がみつからない。すっかりまいってしまっているジョーにるい(深津絵里)は「あきらめへんって決めたんです。ジョーさんと幸せになることを」と押しかけ女房的なことを行いはじめる。美味しそうなお弁当を作り、洗濯をして、かいがいしい。でもそれがますますジョーを苦しめる。

ジョー「君に僕の苦しみなんかわかるわけない」
るい「わかるよ」
ジョー「軽々しく言うな」「もう解放してくれ」

ジョーの剣幕に気圧されて、るいはすごすご竹村家に帰る。

「サニー・サイド」とラジオ

心配する和子(濱田マリ)にるいは「ほっとしてます」と言う。

「ちょっと怖かったんです、家庭を持つことが」
「こんな私が家族を作ることなんてほんまにできるんやろうかって」

幼い頃、母と別れ、祖父と叔父の家で育ったるい。心を閉ざし、家庭の良さを味わってこなかったことが気にかかっていた。でもそれはきっと本心ではなく、そう思うしかないのではないかという気がする。もちろん少しはその迷いはあるだろうけれど、だからこそ幸せになりたいと思ったのではないか。

そこにラジオから磯村吟(浜村淳)の声。大人気のビートルズの「Can't by the my love」を……「かけません」とはずし、「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」をかける。

それをジョーも旅館で聞いていた。お互いラジオの「サニー・サイド」を聞きながら、海で語り合った日を思い出す。

るいが旅館に行くとトミー(早乙女太一)がいて、ジョーの姿がない。ラジオからは磯村吟が「固い約束夢じゃない。さああれから4年経ったんです」と話をしている。ジョーも「サニー・サイド」を聞いたに違いないとるいは確信したのだろう。とするとジョーが向かった先は――。

るいはトミーの車で思い出の海へ向かう。海のデートは1963年で4年は経ってないが「固い約束夢じゃない」はるいを応援するような言葉に聞こえたに違いない。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第59回 “あきらめない”と誓ったるいが絶望に伏すジョーを抱きしめる」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第59回 “あきらめない”と誓ったるいが絶望に伏すジョーを抱きしめる」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK朝ドラ第105作目。ラジオ英語講座とあんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~2022年4月8日放送。

お買いものリンク