朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第13週「1964-1965」

第58回〈1月24日(月)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第58回「何が私の幸せか勝手に決めんといて!」安子に言えなかった本音
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第59回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


「何が私の幸せか勝手にきめんといて!」

「何が私の幸せか勝手にきめんといて!」が第58回のすべてであろう。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜58回掲載中)

鳴り物入りで東京に行ったジョー(オダギリジョー)がひっそり大阪に戻って来ていた。るい(深津絵里)を想うあまり理由を言わないからかえってこじれるパターンだが、道頓堀は狭く、たちまちジョーの真相はるいの耳に入る。

道頓堀の狭さ――朝、豆腐を買いに出たるいがジョーとばったり。ジョーが旅館「月浜」に行くところをトミー(早乙女太一)が見かけて後をつける。トミーが奈々(佐々木希)とジョーについて話しているところに平助(村田雄浩)がクリーニングの配達に来て聞いてしまう。すぐさまそれをるいに報告。るいは「月浜」へジョーに会いに走る。

ピンボールのように球がぶつかって話が早く転がっていく。ご都合主義の極地ではあるが、ここで重要なのは、るいが彼女のために別れようとするジョーに「何が私の幸せか勝手に決めんといて!」と言うことである。

「一緒に泣きたかった。一緒に苦しみたかった。私にできること、なんでもしたかった」

これは少女時代、るいが母・安子(上白石萌音)に対して思っていたことであろう。安子はるいのことだけを考えてるいを雉真家に預けたわけだが、それこそ「何が私の幸せか勝手に決めんといて!」「言うてほしかった。一緒に泣きたかった。一緒に苦しみたかった。私にできること、なんでもしたかった」なのである。

るいはジョーを通して、あのとき、言えなかった本音を吐き出している。そう思うと、るいの感情は本当に愛なのか、依存じゃないのかとも疑ってしまうけれど、こういう愛もあるのだろう。

大事なのは自分が幸せになることであって、「一緒に泣きたかった。一緒に苦しみたかった。私にできること、なんでもしたかった」と思う相手(ジョー)が現れたから、絶対手放してはいけない。

ジョーに強引に部屋の外に出されてもるいは諦めない。心配するベリー(市川実日子)に「私は大丈夫です。あきらめへんって決めたんです。ジョーさんと幸せになることを」と強い決意を語る。愛を知ると人は強くなるのか。

それにしても、ジョーの突然の不調はなんなのか。精神的なものなのか身体的なものなのか。

「それが私の仕事なの」

るいがジョーのためにできることをなんでもしたい、それが幸福と思うことに対して、奈々はどうやら仕事が幸福のように見える。登場時はジョーに横恋慕するキャラかと思ったら、意外とビジネスライク。僕のことはいいからと言うジョーに、奈々はジョーの拔けた穴を埋める人材を探すために大阪に来たとあっさり言う。「それが私の仕事なの」と、奈々のほうはビジネスライクで、ジョーのほうが勝手に自分にかまってもらっていると思い込んでいるふうなズレがおかしくもある。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第58回「何が私の幸せか勝手に決めんといて!」安子に言えなかった本音」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第58回「何が私の幸せか勝手に決めんといて!」安子に言えなかった本音」の画像2