bit

“やわやわブーム”に対抗するか、堅豆腐

“やわやわブーム”に対抗するか、堅豆腐
掴んでも崩れない堅豆腐。堅いと言いつつも、見た目はどうにも素朴なのです。
「豆腐の角で頭をぶつけて~」と冗談で言われるくらい、豆腐は柔らかいものの代表格。

一見堅さとは無縁な豆腐だが、実は全国各地で“堅豆腐”や“石豆腐”と呼ばれる種類の豆腐が作られている。

石川県の白山や富山県、沖縄、それから精進料理にも使われる京都の黄檗豆腐も堅豆腐の一種。これらの豆腐の特徴は、書いて字のごとく「堅い」のだ。
どれくらいかと言えば、「縄で縛って持ち上げることができるほど」だそう。

その中でも石川県の白山で古くより作られている堅豆腐は有名で、この春には堅豆腐入りカレーまで発売された。

作り方は通常の豆腐とほぼ同じだが普通より大豆たっぷり、濃い豆乳で作るのがポイント。さらに完成後は重しなどで水をゆっくり抜く。
こうしてできあがった豆腐は水分が少なく、引き締まった仕上がりになるそうだ。

水が少ないので箸で掴んでも崩れない。豆腐ステーキや天ぷらにも使える上、お鍋にも活躍しそう。
実際に手に取れば、その重さはずっしり。と言うよりも、ぼってり。通常の豆腐に比べるとなかなか骨のある重さだ。大きさも普通の豆腐より若干大きく、600グラム近くあるものも。これも堅豆腐の特徴のひとつ。
そのままにしておけば、賞味期限はおおよそ5日ほどで、水にさらせばもう少し長持ちする。

そもそも堅豆腐が作られるようになった理由のひとつは、保存食としての役割だ。
技術が発達した現代では躍進的に賞味期限がのびた豆腐だが、作られた当初は相当革命的だったに違いない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年1月3日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。