そこで、今回の『リ・ブレイン』。これを中高年の時点から活用していけば、認知症の予防に効果を発揮する。認知症は発症までの潜伏期間が5年といわれており、その間は病院に行かず、ただの「老化」と思って時を過ごすだけだとしたら、認知症が進行してしまっているかもしれない。それを防ぐためのアロマオイルがコレ。まさに“癒し”目的ではなく、“認知症予防”のための商品と言えよう。

また、すでにこのアロマオイルは高齢者の介護施設などでも実際に使用されており、「使用すると表情が穏やかになった」などの効果を得ているという。事実、リピート率は非常に高い。

この『リ・ブレイン』は鳥取県米子市にある直営ショップや専用サイト等で販売されている。価格は1本3,990円(税込み)、昼夜用セットで7,770円(税込み)。

実は現在、65歳以上の高齢者の10人に1人が認知症、20人に1人がアルツハイマーという事実があるという。
そのように「なってから」ではなく、「なる前」の予防のために開発された、新しいアロマオイルである。
(寺西ジャジューカ)