review

馬鹿正直に就活する必要はない!『若者はなぜ「就職」できなくなったのか?』

大学卒業予定者の就職内定率68.8%。
最低の記録だ。
というデータがでるが、それすら「調査の母数がもともと小さいうえに、抽出サンプルは就職に強い大学ばかり」なんて水増し疑惑もでるほど「超氷河期」再来だそうだ。

この「若者が就職できなくなった」状態を、冷静な視点で考察し、じゃあどうすればいいのか? を提案した本が出た。
『若者はなぜ「就職」できなくなったのか? 生き抜くために知っておくべきこと』、著者の児美川孝一郎。法政大学キャリアデザイン学部教授だ。

昔は、よかったんである。
「日本には、若年雇用問題は存在しない」とさえ言われていた。

新規学卒一括採用は、なぜ(一見)うまくいってるようにみえたのか。

それは、日本的雇用のシステムにあった。
日本的雇用システムの三種の神器は、
1終身雇用
2年功序列型賃金
3企業別労働組合
だ。

終身雇用と年功序列で、企業は社員に対して、(安定的な雇用と報酬という)未来を約束する。
そのかわりに、社員は、会社に忠誠を誓え。
そういうシステムなんである。
そうなると、企業側は、長期的な視野をもって、社員を教育することができる。
会社に入ってから、実際に仕事をしながら教育することが可能だった。OJT(On the Job Training)ってやつですな。
この安定的な仕組みが『ジャパン・アズ・ナンバーワン』と呼ばれ、GDPにおいてアメリカに次ぐ世界第二位まで登りつめた原動力だった。
で、そうなると学校は、どうあるべきか。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク