review

震災後の「水曜どうでしょう」は〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー後編〉

震災後の「水曜どうでしょう」は〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー後編〉
「水曜どうでしょう」の名物ディレクターが、あの震災後に考えたこととは――。
前編はこちら

――東日本震災があった3月11日、藤村さんは関西にいたそうですね。
藤村 大阪にいました。娘が大阪の大学に進学することになり、その新居探しを兼ねて家族旅行をしていたんです。京都、奈良と回って大阪についた直後くらいですね。向こうは揺れなかったし、テレビを見ていなかったこともあって、リアルタイムではまったく状況を理解していませんでした。携帯電話がやたらと会社から着信があってヘンだなとは思ったんですよ。でも、その時点では休暇中にうるせぇな……と無視を決め込んでいた。娘に「凄く大きい地震があったみたい」と言われても、「そうかぁ。まあ、お好み焼きでも食べようや」と。

――地震のことを知ったのはいつ頃だったんでしょう?
藤村 夕食後ですね。しつこく携帯電話が鳴るので仕方なくチェックすると、会社からの身元確認だった。その時点で連絡がつかなかったのが僕と数人くらい。慌ててテレビをつけると、想像を絶する光景が広がっていた。そのときの僕は、家族の前でつとめて平静に振舞うことで精一杯でした。

――地震後、“どうでしょう”公式サイト内のブログに藤村さんと嬉野さんが代わるがわる「各自の持ち場で奮闘しよう」という趣旨のメッセージを書いていたのが印象に残っています。
藤村 ちょうど翌週から宮城県や岩手で新シリーズの放映が始まるというタイミングでした。だから、北海道に戻ると、いつも通り編集室にこもり、新作の編集作業をしていました。こんな状況の中で放送してもらえるのか、見てもらえるのかはわからない。でも、もし放送してもらえるのであれば、楽しませる用意はあるぞ、と。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年5月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。