review

21世紀の小学生がタイムスリップ!「藤子・F・不二雄物語」の奇跡

9月3日(ドラえもんの誕生日!)、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」がいよいよオープンする。入館は完全予約制で、すでに7月30日よりローソンのLoppiでの予約受付がはじまっている。ちなみに、藤子・F・不二雄は長らく川崎市に住み、新宿にある仕事場との通勤にはずっと小田急電車を利用していたという。その小田急でも、藤子ミュージアムの開館を記念して藤子キャラを描いたラッピング電車が走り出した。

7月にはまた小学館の「藤子・F・不二雄大全集」の第2期が完結、9月からは第3期の刊行が始まろうとしている。この全集、各作品を発表順に並べたり、できるかぎり初出時に近い状態で(たとえば単行本化のさいカラーから白黒に変更されたページも、再度カラーにするなどして)掲載したりと、その力の入れ方には並々ならぬものがある。長らく諸事情(これについては安藤健二『封印作品の闇』あたりを参照されたい)で単行本が入手困難になっていた『オバケのQ太郎』や『ジャングル黒べえ』といった作品が収録されたこともファンとしてはうれしい。

さて、同じく小学館発行の学習マンガ雑誌「GAKUMAN plus(ガクマンプラス)」の9/10月号にも、藤子ミュージアムの開館にあわせて姫野よしかず「藤子・F・不二雄物語 ~まんがの王様の挑戦~」という読み切りマンガが掲載されている。なお作者の姫野は、もともと『釣りバカ日誌』などで知られる北見けんいちのアシスタント出身だとか。北見が赤塚不二夫に師事したことを考えると、赤塚や藤子不二雄らトキワ荘グループの流れを汲んでいるともいえる(なお、エキレビ!では原則として敬称を略しているのだが、フルネーム以外で呼ぶ場合、「藤子」ではA先生との区別がつかないし、かといって「藤子F」とするのもどうもしっくりこないので、本記事では「F先生」で統一させていただく)。

この記事の画像

「21世紀の小学生がタイムスリップ!「藤子・F・不二雄物語」の奇跡」の画像1 「21世紀の小学生がタイムスリップ!「藤子・F・不二雄物語」の奇跡」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク