review

キターー! 室伏兄貴のハンマーにゴクリ……。いよいよ明日開幕の「世界陸上」を楽しめる本ズラリ

キターー! 室伏兄貴のハンマーにゴクリ……。いよいよ明日開幕の「世界陸上」を楽しめる本ズラリ
2011世界陸上韓国テグ テレビ観戦パーフェクトガイド/TBSサービス<br />お隣韓国開催でほとんど時差がないから、寝不足にならずにゴールデンでじっくり堪能できる大会になりそう。100m世界記録保持者のウサイン・ボルトや女子棒高跳びのエレーナ・イシンバエワなど、海外の注目選手も見逃さないようにしよう。また、侍ハードラー為末大のフィールドレポートにもぜひ注目を!
2年ぶりに、世界陸上の季節が、キターーーーーー!!!
いよいよ明日が開幕ですよ、2年に一度の夏の祭典「世界陸上2011・韓国テグ大会」。いまや五輪、サッカーW杯と並ぶ世界3大スポーツイベントと言われる世界陸上。今大会は来年に迫ったロンドン五輪の前哨戦という位置づけもあって、織田裕二じゃなくてもテンションあがっちゃうというもの。でも、陸上ってシンプルすぎるて逆にどこから見ていいのかわからない、という人も結構いるはず。そこで男女ひとりずつ、注目の日本人選手の関連本から「読んで楽しむ世界陸上」をお届けします。


男子注目はやっぱり室伏広治選手。

五輪金メダリストにして日本選手権17連覇中。始球式で131kmを計測して横浜スタジアムをどよめかせ、さいとうたかを先生に「ゴルゴ13を実写化するなら彼しかいない」と言わしめたスーパースター。それが男子ハンマー投げ代表の室伏広治選手(36)。しかし、華やかな経歴とはウラハラに競技への取り組みはストイックそのもの。そんな一端がうかがえるのが『室伏広治 孤独な王者』(文藝春秋刊)だ。
海外の屈強な選手に比べて体格的に劣る室伏選手が技術で勝ち上がってきたのは有名な話だが、私はその「技術」を例えばイチロー選手のような「職人的技巧」と想像していた。だからこそ、本書を読んでハンマー投げという競技へのとても科学的なアプローチが新鮮で、よくも悪くもちょっと裏切られた思いだ。ノーベル生理学受賞者の「筋肉の力とスピードの関係」の研究内容を参考に理想のハンマー投げを語る姿はスポーツマンというよりももはや学者。実際、中京大学大学院に籍を置き、自身を被験体として「サイバネティックトレー ニング」という新しいトレーニング理論を打ちたて、それがゴルフやテニスのトレーニングにも応用されているという。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。