review

『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』を読むだろう? 誰だってそーする。おれもそーする

『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』を読むだろう? 誰だってそーする。おれもそーする
『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』荒木飛呂彦/集英社新書
先週末、驚くべきことが「週刊文春」誌上で報じられた。
荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」が映像化! しかも実写とアニメが同時進行とのこと!
過去にも実績はあるし、アニメ化のほうは別に驚くようなことでもない。むしろ今まで放置されていたことのほうが不思議なくらいである。しかし実写化となるとっ! あの世界観をどうやって実写で表現するのかっ、と意味もなくジョジョ立ちで悩んでしまうわけである。実写化するのはたぶん第四部なんだろうけど、第一部だったりしたらそれはそれでびっくりだ。
そんなこともあって、今夏に出た『荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論』を読み返してみた。これは荒木ファンならずとも読むべき内容の映画鑑賞ガイドなのである。いや、ファンで未読の人も多いだろうから、この機会に読んでみよう。

まえがきにおいて荒木は、自分流のホラー映画定義を読者に示している。「観客を怖がらせるために作られた」映画であること。それが荒木の定義だ。
――(前略)つまり「社会的なテーマや人間ドラマを描くためにホラー映画のテクニックを利用している」と感じさせる作品よりも、まず「怖がらせるための映画」であって、その中に怖がらせる要素として「社会的なテーマや人間ドラマを盛り込んでいる」作品。それこそがホラー映画だというわけです。
これは非常にまっとうであり、他のジャンルにも転用できる見方だ。たとえば、ミステリー映画の定義を「観客を驚かせるために作られた」映画とする人は多いだろうし、恋愛映画の定義は「観客に恋愛の気分を味わわせるために作られた」映画ということになる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年8月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。