review

光り輝くその一瞬! クラッシュ・ギャルズの時代

       
書名は『1985年のクラッシュ・ギャルズ』という。著者の名は柳澤健である。1つの時代を描くノンフィクションとして、たまらない興奮を感じながら本書を読んだ。あの天才レスラーたちの前半生が、こんな風に紹介されていく。

長与千種は1964年12月8日に長崎県大村市でこの世に生を受けた。
わが子を日本一の競輪選手に育てるという夢を持っていた父・繁は、生まれてくる子が男の子だと勝手に決めつけて出産祝いの準備をしていた。それが女の子だとわかると繁は、用意していたシャンパンをすべて叩き割った。父親が千種を男の子として育てようとしたため、彼女は母・スエ子に買ってもらった赤い靴を履くことができなかった。千種が小学校に上がるとき、父親は黒いランドセルを、母親は赤いランドセルを買ってくれた。どちらも選べずに千種は、ショルダーバックで学校に通った。
10歳のとき、借金のために一家は崩壊した。出稼ぎのために神戸に移住した両親は、千種を親戚の元に預けた。長与千種は中学校を卒業するとすぐに上京し、全日本女子プロレスの門戸を叩いた。一山いくらの練習生、「お前等の代わりはいくらでもいる」と脅されながら千種はようやくデビューを果たした。1980年8月8日、同期の大森ゆかりに敗れる。
千種は同期の中では落ちこぼれで、先輩や同期からは邪魔者扱いされた。ストレスから全身に湿疹が出たため、さらに冷たくされた。せっかくつかんだ全日本ジュニア王座も、後輩の立野記代に「押さえ込み」で敗れて失った。押さえ込みとは選手たちを競わせ、対抗意識を抱かせるために全日本女子プロレスのオーナーだった松永兄弟が強いていたルールで、技の流れも何もなく、ただ押さえ込んでカウントを取ったら勝ちという「ガチンコ」の試合に適用されるものだ。3つ取られた後、長与千種には何も残ってなかった。最後に唯一残されたチャンスが、全日本シングル王座を持つ同期のライオネス飛鳥に挑戦することだった。プロレスという世界に絶望していた千種は、飛鳥を訪ね、ある提案をする――。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。