review

青い薔薇、海底のウニ、ほうき星、雲……なんて美しい『鉱物見タテ図鑑』

青い薔薇、海底のウニ、ほうき星、雲……なんて美しい『鉱物見タテ図鑑』
『鉱物アソビの博物学 鉱物見タテ図鑑』フジイキョウコ編著/ブルース・インターアクションズ
まずトップの写真を見てもらいたい。
栽培が難しいと言われている青い薔薇。しかしどことなく違和感がある。
造花なのだろうか。
そう思って目を凝らすと、花びらのように見えた「それ」が、実は別の感触を持つ何かであるということが判ってくるはずだ。
実はこれ、重晶石という鉱物なのだ。分類は硫酸塩鉱物。実際の薔薇の花以上に重晶石の結晶は柔らかく、欠けやすい。この薔薇のような形は人工のものではなく、自然の産物なのである。鉱物の天然の造形力恐るべし。フジイキョウコ編著『鉱物アソビの博物学 鉱物見タテ図鑑』は、こうした美しい鉱物の特徴や個性を紹介し、その形のままに愛でるという趣向の楽しい図鑑だ。石を愛でるための演出として、時にはミニチュアの小道具も準備される。一つの情景として石を愛でる趣向なのである。重晶石のあるこの風景は、「薔薇博物画」のタイトルがつけられている。

さまざまな見タテの例をいくつか紹介しておこう。
たとえば「海底水圏」という見タテでは、錐輝石という珪酸塩鉱物が扱われている。この錐輝石は、先端がキリのように鋭く尖った結晶を作る。時にはそれが見事な放射状を形成することもあるのだ。その色は暗緑色が標準で、漆黒、赤褐色となることもある。放射状のトゲトゲで、暗緑、漆黒、赤褐色といった色合いのものといえば。
そう、ウニである。
かくして錐輝石の見タテは、海底にひそむウニのジオラマとなる。

あるいは「流星遊星」の見タテ。ここでは尾を引くほうき星と、ちかちかとフレアを発しているように見える恒星が飾られている。前者はスコレス沸石。幅1ミリほどの細い柱状結晶が長く延び、時には3.5センチに達する。束ねられたように見える結晶は、ほうき星の尾以外の何物でもない。一方の恒星は、スターマイカである。白雲母の一種で、6角あるいは偽6角の薄い板状結晶が規則的に結合して星形になったものをそう呼ぶのだという。

あわせて読みたい

  • 乱歩・ホームズ・ルパン……懐かしい小学校の図書館の匂いだ!『表紙でみるジュニア・ミステリ』

    乱歩・ホームズ・ルパン……懐かしい小学校の図書館の匂いだ!『表紙でみるジュニア・ミステリ』

  • レビューの記事をもっと見る 2011年10月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース