bit

悲しみの曲に幼児は涙するか

3歳になる、筆者の娘。良くわからない理由で泣いて、手を焼かせることもまだまだある。だが、テレビ番組を見ていて感動の涙を流すことも時折出てきた。たとえば、アニメ番組。切なかったり悲しかったりするイイ話のアニメを見ている娘を、チラッと見てみると……。明らかに涙目のときが度々あった。

さらに、とあるドキュメンタリー番組でのこと。小学生の女の子が、今は離婚して別々に暮らしている父親と久々に再会。楽しい時間を親子で過ごしたあとに訪れる、悲しくも切ない別れのとき。そのシーンをかぶりつきで見ている娘を、チラッと見てみると……。涙が頬を伝っているではないか。

我が子のこんな些細なことにも感動してしまうのが、親ってものなんです。感動して泣く3歳の娘に感動した筆者。ああ、かわいい。愛しいぜ娘。そしてムクムクと筆者の中に湧き上がる感情。娘にもっと、感動の涙を流させたい……。かわいい涙を、もっと見たい……。

という内容のことを妻に相談してみたが、まったく耳を貸してくれなかった。妻が耳を貸しているのは、iPodである。そうですか。夫の相談よりもiPodですか。そうですか……。と、よくよく見てみると、妻も泣いているではないか。

そして筆者、いいことを思いついた。そうだ! 泣ける曲を娘に聴かせて、感動のかわいい涙を流させればいいじゃないか! 「いや、でもさ。まだ歌詞の意味もきちんと理解できない3歳児が、泣ける曲を聴いて泣くことはないんじゃない?」と、妻。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク