金正日亡き後の北朝鮮情勢を知るための必読書が刊行された。
『父・金正日と私 金正男独占告白』である。
著者の五味洋治は東京新聞編集委員(外交・安保担当)である。2004年9月25日、彼は北京国際空港で偶然金正男と遭遇し、名刺を渡すことに成功した。金正男を待ち伏せしていたわけではない。その日、日本人拉致をめぐる日朝協議が行われる予定であり、協議に参加する北朝鮮代表の宋イルホ(日+日の下に天。現・日朝国交正常化交渉大使)を待っていたところに、思いがけず北京入りした金正男が登場したのである。
五味が金正男と思われる人物に一方的に名刺を渡してから2ヶ月強が経った12月3日、彼のメールアドレスにハングルで書かれたメールが届いた。差出人は「キムジョンナム」。漢字で書けば「金正男」である。半信半疑でその事実を記事として公開した後で、五味は再びメールを返した。また返信がくる。それに返信を出すと、また帰ってくる。メールの送信者は紳士的な態度を保ち、五味のつっこんだ質問にも答えてくる。曰く「共和国最高指導者の息子が日本国の記者にメールを送ることのできない理由はないと思います。そのように思ってしまうことによって、共和国と日本国、両国間不信の障壁がさらに高まってしまうというのが私の考えです」……。
しかしこのときのメール交換(金正男らしき人物はオンライン対話と称していた)はわずか7通で途切れてしまう。五味以外にメールを受け取った記者が送信者の正体を疑ったことに立腹したものか、それともどこからか圧力がかかったのか。メールが断絶してから3年後、五味は「文藝春秋」2007年3月号にメールの内容を全訳して掲載する記事を書く。その「初公開 金正男 七通のメール」と題した記事を、五味は以下の文章で締めくくった。