review

最初は5人の共同生活からはじまった。住み開きって何? 自宅が博物館に!?

最初は5人の共同生活からはじまった。住み開きって何? 自宅が博物館に!?
アサダワタル『住み開き 家からはじめるコミュニティ』(筑摩書房) 三浦展、素人の乱、田中恒子との対話も収録。
住宅地に普通の一軒家。看板、「さわ洞窟ハウス」と書いてある。
今年73歳の洞窟研究家の沢勲さんは、自宅を洞窟の博物館として開放しているのだ。
一階を洞窟内に見立て、階段で溶岩が流れる仕組みを再現。床下にはミニ洞窟。「洞窟情報サロン」もある。

一軒家の2畳間を「大学」にしている人もいる。大阪市中央区、2畳間を「2畳大学」として開いているのは梅山さん。授業を作るのはすべて生徒。「カレー学科」「写真学科」などさまざまな学科をつくって、学ぶ側/教える側が交換可能な場として運営している。

家をちょっと開いて、コミュニティを作る活動を「住み開き」と名づけ、全31ヵ所の「住み開き」事例を紹介する本が出た。アサダワタル『住み開き 家からはじめるコミュニティ』

もう少し、この本から「住み開き」の例を紹介しよう。

「渋家」(しぶハウス)
「共同生活から生まれる出来事を「作品」に転化させる」「小説として集団で家を借りる」というコンセプトの「渋家」は、最初は5人の共同生活からはじまった。じょじょにメンバーが増え、連日パフォーマンスイベントや展覧会を開催している。

「少女まんが館」
パソコン通信で、少女漫画好きが集まり、思う存分少女漫画が読める場所をつくろうということからはじまって、6畳一間を漫画閲覧室として公開。その後いろいろあって、2009年には、あきる野市網代に移転。四万冊の蔵書があって、定期的に部屋を開いている。

あわせて読みたい

  • 馬鹿正直に就活する必要はない!『若者はなぜ「就職」できなくなったのか?』

    馬鹿正直に就活する必要はない!『若者はなぜ「就職」できなくなったのか?』

  • 貧乏、無職は、生産過剰が原因だ!

    貧乏、無職は、生産過剰が原因だ!

  • 就職しないで生きるには? 30年前にもこんなやつらがいた

    就職しないで生きるには? 30年前にもこんなやつらがいた

  • 精神障害者が処罰されない理由は?『なぜ日本人はとりあえず謝るのか』

    精神障害者が処罰されない理由は?『なぜ日本人はとりあえず謝るのか』

  • レビューの記事をもっと見る 2012年1月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース