首都圏の大手私鉄のひとつ京王電鉄の聖蹟桜ヶ丘駅では、来る4月8日より列車接近メロディとしてアニメ映画「耳をすませば」の主題歌「カントリー・ロード」が流されるという(京王のニュースリリース)。「耳をすませば」はいうまでもなくスタジオジブリの作品で、監督をいまは亡き近藤喜文が務めた(公開は1995年)。

大山顕・佐藤大・速水健朗によるユニット「団地団」のトークライブをまとめた『団地団 ベランダから見渡す映画論』では、“団地映画”の一つとして「耳をすませば」がとりあげられている。同作ではその冒頭の30分、主人公の住む団地の様子が執拗に描かれているからだ。著者のひとり佐藤大によれば《あれはもう団地を描きたくてしょうがない人が描いている》という。その「団地を描きたくてしょうがない人」とは誰か? それは監督の近藤ではなく、脚本・制作プロデュースなどを担当した宮崎駿ではないか、というのが3人の推測だ。

面白いのは、同じジブリ作品でも、高畑勲監督の「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994年)が団地建設による自然破壊を批判的に描いたものだったのに対して、「耳をすませば」では団地を否定も肯定もせずに映画上欠かせないものとして描かれているということだ。ここから話題は、宮崎と高畑の自然観の違いにまでおよぶ。トークでの速水健朗の発言を引用すると――

《[引用者注:「平成狸合戦ぽんぽこ」は]人間によって破壊される自然という分かりやすい古典的エコロジスト的な発想で作られている。同じエコロジストでも、宮崎駿ってシニカルなエコロジストであって、人間が作る団地もまた自然の一部であるという目線があると思うんですよ》