まだ3月だというのに、最近のシカゴは「30℃前後の真夏日」を続行中!
往来のシカゴの3月は、冬真っ最中で「いつ春が来るの?」とダウンコートは勿論、マフラーや帽子、手袋が手放せないはずだったのに。

いえいえ、文句は言っていません! 寒いより暖かい方が人間も穏やかになれそうな気もします。
寒くて動きも鈍くなっていた体も、暖かいと体も柔らかくなるのか、動きがテキパキ壮快になるのか、それに伴って汗も出ます。

汗、と言えば気になるのが「脇の下」。
以前、アメリカ人の同僚に「日本人って、夏以外はデオドラントって使わない」(デオドラント:制汗剤)というような話をしたことがあって、ドン引きされた思い出があります。
「日本人って不潔」というイメージをどうにかクリーンにしようと説明を試みましたが、かなり難しいものでした。

アメリカ人全般には、歯磨きや顔を洗う、髪を梳かす朝の習慣の中の一つに、「デオドラントを塗る」というルーティンがあるようです。
小学校低学年の頃からこの習慣はシステム化されるので、この制汗剤を使用しない、という事は顔を洗わない、歯を磨かない、というのと同等なものらしいです。

これはオールシーズン、一生涯通しているよう。(80歳代の婦人で毎朝必ず付けている、という人を知っています。入院患者もつけているようです)

そんなこととは思いもせず「日本人ってそれほど汗っかきじゃない。わきが率が少ない日本。そんなの塗らなくとも臭わない日本人」というものを主張したかった私の立場が崩れてしまいました。