bit

ルイ14世をはじめ王侯貴族が愛でた魅惑のワインとは

ルイ14世をはじめ王侯貴族が愛でた魅惑のワインとは
街中には博物館もありトカイとワインの歴史を知ることができる。
「貴腐」という種類のワインをご存知ですか? 過熟状態になったブドウの実にハイイロカビがついて水分が蒸発し、干しぶどうのようになったものを集めて造られた高級ワインだ。果実から水分が失われているため、糖度が高まり大変甘いワインとなる。

貴腐ワインはフランス・ボルドーにあるソーテルヌやドイツのものも有名だが、ハンガリーにあるトカイ地方は、はじめて貴腐ワインが造られた地域として知られている。かつてのフランス国王ルイ14世も、トカイ産の貴腐ワインを賛辞したという。そんな「王のワイン」が造られるトカイで、ワイン事情をうかがってきた。

「トカイワインはトカイ村を中心に周辺27の地域で造られています。土地は火山性土壌で気候は大陸性。冬の気温は氷点下10度前後まで下がり、夏は35度前後まで上がります。貴腐ワインは食前・食後酒としてはもちろん、チョコレートやキャラメルにも合いますし、ハンガリー名物のフォアグラとの相性も抜群です。最近の当たり年は1999年、2000年、2003年です」(現地ワイナリー関係者)

貴腐ワインは数あるワインの種類の中で最も熟成に耐えるワインだという。その種類はいくつかに分類され、代表格といえるワインがトカイ・アスー。さらにアスーは、ワインの糖度によって3から6の「プットニョス」という単位に等級付け(数字が増えるほど糖度は高い)される。そして、当たり年に6プットニョスを越えたワインができた場合、6を越えるワインとして「アスーエッセンシア」という名で格付けされる。これら「3〜6」および「アスーエッセンシア」は貴腐ブドウと貴腐化していないブドウを混ぜて醸造されるが、混同しやすい点がある。じつは、貴腐ブドウのみで作られたワインも「エッセンシア」と呼ばれるということ。同じエッセンシアという名を冠していても、両者は別物であり、質も価格も「アスーエッセンシア」より「エッセンシア」の方が高い。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年4月27日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら