review

四肢を失った少女の打つ碁は、物語なのかゲームなのか。壮烈な勝負の世界『盤上の夜』

四肢を失った少女の打つ碁は、物語なのかゲームなのか。壮烈な勝負の世界『盤上の夜』
『盤上の夜』(宮内悠介/東京創元社)帯“盤面から理性の限界を超えた宇宙が見える―掘晃/これは運命(ゲーム)と闘うあなた自身の物語―山田正紀/宮内はあなたの瞳に碁石を打つ。瞬くな―飛浩隆”
「星が痛い」
四肢を失った少女、灰原由宇(はいばらゆう)は、対局中につぶやく。
卒業旅行で海外に行った彼女は、拉致され、四肢を切断される。
そして競売にかけられ、賭碁師の大金持ちに買われてしまうのだ。
賭碁によって自由をとりもどすため、由宇は碁を秘かに憶え、その勝負に勝つ。
そして、プロ棋士の相田九段と巡り逢い、棋界のトップへとのしあがっていく。

宮内悠介「盤上の夜」は、盤と石こそが自分の四肢であるような少女を描いて、壮烈な碁の勝負世界を描く短編。

そして一冊の本として上梓された『盤上の夜』は、囲碁、チェッカー、麻雀、古代チェス、将棋といった卓上遊戯の対局をめぐる短編集だ。

こ、これが、すごいんですよ。
語り手はジャーナリスト。
表紙に「第1回創元SF短編賞山田正紀賞受賞作品」となければ、卓上遊戯をめぐるルポルタージュが六編収録されていると勘違いする人もいるのではないか。

たとえば「人間の王」は、チェッカーの物語。
人間の王とコンピュータの対局、その果てにあるものを探るスリリングな短編。
主人公は、マリオン・ティンズリー。
40年間でわずか3敗の王者ティンズリーは、1994年コンピュータ対局で、6局連続ドローの激戦後、体調を崩し、翌年亡くなる。
「私は勝てる。ソフトのプログラマーは人間だが、私のプログラマーは神だから」という言葉を残している。
チェッカー好きならご存知だろう、このチェッカーの王、実在の人物だ。

「清められた卓」は、あまりの異様さ、異質さゆえに公式記録から抹消された麻雀の対局を探る物語だ。

あわせて読みたい

  • 軍艦島で地獄の人間将棋! 貴志祐介『ダークゾーン』

    軍艦島で地獄の人間将棋! 貴志祐介『ダークゾーン』

  • 「パックマン」と「ぷよぷよ」が対談! イヤだなってところからアイデアは生まれる

    「パックマン」と「ぷよぷよ」が対談! イヤだなってところからアイデアは生まれる

  • 帰省先で大人気! どうぶつしょうぎで甥っ子と遊ぼう

    帰省先で大人気! どうぶつしょうぎで甥っ子と遊ぼう

  • Wikipediaにも載っていない! iPhoneアプリ「逃げ将棋」の遊び方

    Wikipediaにも載っていない! iPhoneアプリ「逃げ将棋」の遊び方

  • レビューの記事をもっと見る 2012年4月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。