review

うわっ…私のイヌ、うつ病…?『動物に「うつ」はあるのか』

うわっ…私のイヌ、うつ病…?『動物に「うつ」はあるのか』
『動物に「うつ」はあるのか』加藤忠史著・PHP新書 帯の言葉「これは病気? たんなる悩み? 脳と心をつなぐ挑戦 「とりあえず抗うつ薬」の落とし穴」。
飼ってる犬が元気がない。食欲もない。寄ってこない。
「うちのイヌ、うつ病なのかな?」

って、動物にも「うつ」ってあるの!?
精神疾患って、動物にもあるの!?

そんな疑問に答える本が出た。
タイトルもズバリ『動物に「うつ」はあるのか』である。

最初に出てくるのは『シートン動物記』
その一番有名な「オオカミ王ロボ」の話。
ロボは、オオカミの群のリーダーで、どんな罠にもひっかからない賢いヤツ。
ところが、奥さんのブランカが人間に捕まると、冷静さを失って、捕まってしまう。
しかも、エサを与えられても、ぜんぜん食べずに死んでしまうのだ。
このケースはどうなのだろう?
妻を喪失して、うつ状態になっているのではないか。
そういうふうに読める物語だ。
“しかし、物語ですから、どうしても主観が入り、客観的な科学とはいえないと思います。ロボが肉を食べなかったのは、たんに、人の臭いがついていたので用心した可能性もあるでしょう”。
情緒ないなー。
っつても、科学的に調べるには、情緒的すぎるのは危険だから、正しい。

「レミングが集団で海に飛び込んで自殺する」「ゾウは死を予感すると墓場に向かう」
「イルカがみずから陸に上がって死んだ」といった話も、“どれも伝説にすぎないようです”。
レミングはそもそも集団で行動しないし、ゾウの墓場は密猟者が殺した跡だったというのが真相(ひ、ひどい!)らしいし、イルカは超音波で周囲を知る能力がうまく働かなくなったからだと推測される。

あわせて読みたい

  • なぜ自殺者は3万人を超えているのか? データ検証の嘘

    なぜ自殺者は3万人を超えているのか? データ検証の嘘

  • 震災後、ぼくたちはちょっとだけ病気なのか?『一億総うつ社会』

    震災後、ぼくたちはちょっとだけ病気なのか?『一億総うつ社会』

  • 永六輔号泣、震災とラジオ

    永六輔号泣、震災とラジオ

  • 「放射線リスクを正しく怖がる」の嘘、エリートがパニックを引き起こす!?

    「放射線リスクを正しく怖がる」の嘘、エリートがパニックを引き起こす!?

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2012年5月23日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。