review

負けたら毛を剃れ! 恐るべき日本レスリングの掟

負けたら毛を剃れ! 恐るべき日本レスリングの掟
『日本レスリングの物語』柳澤健/岩波書店
かつて日本レスリング界には、オリンピックに臨む際の鉄の掟があった。
負けたら毛を剃る。上も、下も。
1960年のローマオリンピックに、日本アマチュアレスリング協会(現・日本レスリング協会)は全階級出場、すなわちフリースタイル8名、グレコ8名のフルエントリーを目論んだ。後に日本オリンピック委員会の委員長を就任する竹田恒徳は、当時日本スケート連盟の会長の座にあり、日本体育協会理事を務めていた。その竹田に日本レスリング協会会長の八田一朗は、もし負ければ上も下も毛を剃る、あなたはスケートで入賞できなかったらこれができますか、と言って詰め寄った。八田の迫力に負けた竹田は、しぶしぶながら16名のエントリーを認めることになる。
結果は惨敗。わずかにフリースタイル・フライ級の松原正之が銀メダルを獲得したのみだった。狭義が終わった翌朝、八田は自ら坊主頭になった。それを見て監督、コーチたちも床屋に走る。選手たちは公約どおり上下の毛を剃ることになった(結婚を控えていた選手だけは武士の情けで免除された)。銀メダルを取った松原正之は八田にこう言われたという。
「私もですか? と八田会長に聞いたら『君ね、金メダル以外はメダルじゃないよ』と。仕方ないから剃って見せると、『よし、これでお前は強くなる』とニコニコ笑いながら言った。八田さんにはそういう面白いところがあった」(松原)

柳澤健『日本レスリングの物語』は、いかにしてレスリングというスポーツが日本に根を下ろし、黄金時代が築かれていったかを綴るノンフィクションだ。著者の名前をご記憶の方は多いだろう。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2012年7月11日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース