review

秋葉原連続通り魔事件犯人の手記『解』

秋葉原連続通り魔事件犯人の手記『解』
『解』加藤智大/批評社<br />「なぜ秋葉原通り魔事件を起こしてしまったのか、どうするべきだったのかにも気づいた」事件反省の完成を表現しているが、もうちょっと別の可能性や答えについても考えた方がいいんじゃないだろうか…と不安にもなる部分も。
2008年6月8日、凶器は「2トントラックとダガー」。7人が死亡した「秋葉原通り魔事件」。この事件を起こし、死刑判決を受けた男である加藤智大の手記『解』が先日出版された。内容はもちろん、「事件を振り返っての色々」。

本書には事件にいたるまでの3年間ほどの経緯が具体的に書かれており、会社を辞めたとか、出会い系で恋人を作ろうとしたとか、ゲームセンターのオーナーになってもよかったかも、などなど、当時どう思い、どう行動し、どうダメだったのかなどが書かれる。そして彼本人の性格や考え方がどういう風に成り立ったのかを、幼少期の思い出などとともに自分で分析している。

加えて、かなりのページを費やして書いているのが、インターネット掲示板についてと、マスコミへの批判。掲示板については、掲示板文化の説明や、自分が掲示板で過ごしてきた時間について、実際の自分の書き込みを多数引用しながら振り返っている。

事件について詳しくない人は、まず驚くとともに納得するのが、母親の存在だ。母親には「テレビやマンガ等を制限」され、「母親のコピー」になるように育てられたと書いている。食べるのが遅いと、食器から食事を広告チラシの上に移して先に食器を洗い、しまいにはチラシから無理に口に入れる、とか、冬に雪で靴を濡らして帰ると裸足で雪の上に立たされた、とか色々。

こういう母親に育てられていくうちに、文句を言わずにコミュニケーションをとらず、受け身な人間になってしまったという。確かにそれは解る。そして無言で罰を受けるうち、相手が何を自分に罰しようとしているのか「意味が解ってしまう人間」になったという。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2012年8月3日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「出版」のニュース

次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース