review

9.18モバイルサイトとテレビで「AKB48 29thシングル選抜 じゃんけん大会」レポ

9.18モバイルサイトとテレビで「AKB48 29thシングル選抜 じゃんけん大会」レポ
『AKB48 じゃんけん大会 公式ガイドブック2012』光文社<br />出場メンバーの各データやコメントを収めたページの端には、8月24日のAKB48の東京ドームコンサート初日でのいわゆる「組閣発表」を受けて新データ(移籍先など)が追記されている。さぞ編集は綱渡りだったのだろうなー、とスタッフの苦労をしのばずにはいられない。
その日、NHK教育の番組「視点・論点」に出演した秋元康は「運のつかまえ方」というテーマで10分間語った。それによれば秋元は、何かプロジェクトを立ち上げる際には、集まったスタッフや芸能人志望者にじゃんけんをさせているという。それによって、勝負をあきらめないかそうでないかかがわかるというのだ。

ここで秋元は、先に5勝したほうが勝ちとした場合を例にこんな話をした。いわく、じゃんけんをして最初に相手に3勝されて「ああ、あと2敗したら負けてしまうんだ」と思う人は3回、いや2回でも負けたところであきらめモードになってしまう。ところが、「自分はじゃんけんが強いんだ、運が強いんだ」と思う人は、相手が先に4回勝ってもそのあと自分がストレートで5回勝てるんじゃないかという気がする。だから勝負を投げることがない、あきらめることがない――。

わたしたちは、じゃんけんに勝てるのは運があるからだと思いがちだが、じつは逆で、運があると「思える」からじゃんけんに勝てるのだと、そう秋元は言うわけである。ここから彼はさらに、自分が放送作家、作詞家として芸能界を見続けてきた経験を踏まえて次のように語っていた。

「運なんて本当はみんな平等(にあるの)だと思うんですね。ただ自分は運があると思いこめるか、自分はその運に乗れるんだということを思えるか、そこじゃないかと思います。だからそれぞれチャンスの順番があるんですね」
「その順番で人はくやしい思いをしたり、あるいは成功してよかったと思う。でも必ずみんなチャンスの順番はめぐってくる。ですから、そのチャンスの順番を待つ、必ず自分には運がめぐってくるんだと思えるかどうか、それを持ってる方が芸能界でもスターになるわけですね。つまり途中であきらめてしまったら、そこでその願いは途切れてしまうわけです」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年9月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。