review

最初、文学的なこだわりは全部削除されました『神様のカルテ』シリーズの夏川草介に聞く1

最初、文学的なこだわりは全部削除されました『神様のカルテ』シリーズの夏川草介に聞く1
『神様のカルテ3』夏川草介/小学館
『神様のカルテ』は、地域病院の一医師を主人公とする医療小説だ。第10回小学館文庫小説賞を受賞した、夏川草介のデビュー作でもある。第1巻が2009年8月に発売されると口コミで一気に評判が広まり、第7回本屋大賞の最終候補作にまでなった(結果は2位)。2010年に第2巻が刊行されるとシリーズの累計は200万部に達し、2011年には嵐の櫻井翔主演で映画化も実現した。
主人公の栗原一止は過酷な労働環境をものともせずに働き続ける医師だが、夏目漱石(とりわけ『草枕』)が好きで、人生の指標にしているという変人でもある。彼と愛らしい奥さんの榛名(ハルさん。職業は山岳写真家)の関係も魅力的で、そうした人間ドラマも人気の原因である。今回刊行された『神様のカルテ3』は、前2作を上回る深度のある物語が展開される問題作だ。作者の夏川草介に、小説執筆のこと、作品のこと、そしてこれからのことをざっくばらんに聞いてみた。ファンの方はぜひご注目を!

ーー夏川さんは現役医師でたいへんお忙しいと思うのですが、学生時代から小説はずっとお書きになっていらっしゃったんですか?
夏川 長編を書いて終わらせたのは1巻が最初なんです。短い物語は大学時代にちょっと書いたりしていましたけど、他人に見せる前提ではなかったですね。
ーー海堂(尊)さんは、長い時間をかけてご専門の本を書き終えてゲラをチェックしたあと、ぽっかりと時間があいたので小説を書いてみたそうです。夏川さんはどんな書き方なんですか?

あわせて読みたい

  • 発表直前、書評家・杉江松恋が一刀両断! 本年度本屋大賞候補作全作レビュー(後編)

    発表直前、書評家・杉江松恋が一刀両断! 本年度本屋大賞候補作全作レビュー(後編)

  • レビューの記事をもっと見る 2012年10月10日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース