review

きのこはかわいい少女である『少女系きのこ図鑑』

「きのこ」という単語を聞いたら何を連想する?
きっといろんな答えが返ってくると思うんだ。
おいしい。毒が怖い。気持ち悪い。じめじめしている。不気味。そして、かわいい。
どれも正解。きのこと共に人間は生きてきた。だからいろんな感情がある。

その中の「かわいい」を取り出したのが『少女系きのこ図鑑』です。
タイトルだけ聞くと、いわゆる「萌え擬人化」の一環に見えるかもしれませんが、違います。
いや、基本は「きのこをかわいらしく少女に擬人化した本」なので、萌えるんですけどね。でもねー、根っこが違うんですよ。

何が違うってきのこ愛なんですよこの本は。
「きのこ」と聞いてこの作者玉木えみは「かわいい」と感じ、一旦自分の中に取り込み、咀嚼し、少女というフィルターを通してアウトプットしているんです。
だから、この作品集は「きのこの少女化」というより「少女のきのこ化」といったほうがふさわしい。

少女はキノコに添えられるように、優しいタッチで描かれます。水彩画の儚さが、実にきのこらしい。
そうそう、これこれ。きのこって色々な感覚あるけど、「なんか不思議」「異世界的」なんですよ。

たとえばベニテングダケ。
毒キノコとして有名ですね。日本では怖がられる代表格ですが、ヨーロッパではその赤い色と奇妙な外見で、幸福のシンボルだったそうです。
だから、ベニテングダケそのものもかわいらしく描かれているし、少女も小さくやさしく、たくさんのリボンをつけたキュートな存在として描かれている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク