bit

ヒラリー・クリントン、嘉田由紀子、レディー・ガガ……変革期に女子校力が求められるワケ

ヒラリー・クリントン、嘉田由紀子、レディー・ガガ……変革期に女子校力が求められるワケ
おおたさんの著書「女子校という選択」(日経プレミアシリーズ)。「男子校という選択」「中学受験という選択」と合わせて読むと中等教育が立体的に見えてくる。
「日本で女子校が多く創立された時期は三つあります。それは明治維新後、第一次世界大戦後、関東大震災後といずれも大変革期です」と近著「女子校という選択」が評判の育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささんはいう。

しかし変革期に女子校が増えてきたのには理由があるのだろうか。

「世の中を本当に変えるにはリーダーを変えるだけでなく、草の根から変わっていかないと駄目なんです。でも男性はボス猿を変えるだけのタテ型の組織を作るのが得意で根本的な変革を起こすのは苦手です」

「それに対して女性は横のネットワークを作っていく共感力に長けているので、草の根から抜本的に社会が変わらなければいけない時に力を発揮することが多いんです」

男性向けに制度設計されてきた日本の一般的な教育と異なり、女性の特性を生かしながら社会で活躍できるよう工夫が施されている女子校の存在感も自然高まるという。

「辛酸なめ子さんは著書の『女子校育ち』の中で、女子校出身者には共通の特徴があるといっていますが、日本未来の党の党首の嘉田由紀子さん(埼玉県立熊谷女子高卒)はいかにも女子校出身の『臭い』がします。今回の選挙で嘉田さんが注目を集めたのも時代に求められたからかも知れません」

ところが1970年以降、女子校の数は減る一方にあるという。その背景には少子化による 志願者数の減少を食い止めるためという経営上の理由の他、1999年に施行された男女共同参画社会基本法の影響も大きいと言われるが、おおたさんはその傾向に強い警鐘を鳴らす。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年12月20日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース