review

「相棒」の米沢守、六角精児のろくでなし人生

「相棒」の米沢守、六角精児のろくでなし人生
『三角でもなく 四角でもなく 六角精児 』六角精児/講談社
憎みきれない、ろくでなしぃー(警察帽をあみだにかぶりながら)。
いや、ひさしぶりに素晴らしいエッセイを読んだのでみなさんにお知らせする次第だ。
『三角でもなく四角でもなく六角精児』、著者はドラマ「相棒」の鑑識官・米沢守役で四十路にしてブレイクを果たした、俳優・六角精児である。

1962年6月24日、兵庫県生まれ。神奈川県立厚木高等学校卒業、学習院大学中退。82年に、高校の演劇部員と劇団「善人会議」を旗揚げ。のちに「扉座」と改名して活動を続ける。ドラマ「相棒」(00年〜)、「電車男」(05年〜)、「カーネーション」(12年)などに出演。09年には映画「鑑識・米沢守の事件簿」に主演した。血液型A型(著者略歴より)。
付け加えるならボクシングファンにして乗り鉄。中性脂肪の値とか結構ヤバい。はは、ご同類です。

本書は「週刊現代」連載を単行本化したものだ。六角の役者生活を綴っていく内容で、売れなかった時代の思い出や現在の公演の稽古風景が気取らない筆致で語られている。たとえばこんな具合に。

ーー[……]しかしこの肉体訓練が、僕は本当に嫌いだった。[……]特に柔軟。体が凄く硬い自分には足をおもいっきり広げて筋を伸ばす気持ちよさなんかこれっぽっちも理解出来ないし、後ろから背中を押されても、腰から曲がるのではなく、ただどんどん猫背になっていくだけで、終いにはお腹が圧迫されてウンコが出そうになる。柔軟は当時、たいてい決まった相手とワンセットでやっていたのだが、僕はパートナーを、後ろから押したり前から引っぱったりする残酷な奴という事で人間的にも憎んでいた。

あわせて読みたい

  • 『まんが極道』がこわいよう、俺、明日から本気出すんだよう

    『まんが極道』がこわいよう、俺、明日から本気出すんだよう

  • 五月病になりそうでも、人生は「なんとかなる」本ベスト3■新社会人応援スペシャル

    五月病になりそうでも、人生は「なんとかなる」本ベスト3■新社会人応援スペシャル

  • 学校で猟銃を乱射したかった!〈粘膜作家・飴村行インタビュー 前編〉

    学校で猟銃を乱射したかった!〈粘膜作家・飴村行インタビュー 前編〉

  • レビューの記事をもっと見る 2012年12月19日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。