核戦争によってボロボロに荒野で、生き残ったわずかな人々が燃料や食料を奪い合う、いわゆるポストアポカリプスな世界を描いた漫画『北斗の拳』。弱肉強食、血も涙も未来も無いような世界だ。

今現在、この世界にそのような場所がある。「リアル北斗の拳」と呼ばれる国、ソマリアだ

ソマリアでは内戦が続き、「三国志状態」だという。無政府状態の地域も多く、源平合戦のように氏族同士の争いが絶えず、国連などでも認められていない「自称国家」「勝手に独立を宣言してる国家」などが群雄割拠してる。

・自衛隊派遣でもおなじみの「海賊国家プントランド」エリア

・激しい「北斗の拳状態」が続く「南部ソマリア」エリア

・その他境界線がはっきりしない小さな独立エリアやイスラム過激派など

が互いにひしめく中、奇跡的に平和を維持している幻の国「ソマリランド」という地域があるという。そのソマリランドやプントランド、南部ソマリアに日本人・高野秀行が複数回潜入、滞在し、ありったけの体験をしてレポートした本が『謎の独立国家ソマリランド』だ。500ページを超えるスーパードキュメント。

「天空の城ラピュタ」のラピュタような幻の存在、ソマリランドを知った彼は、どうしてもソマリランドに行きたくなる。だけどどうやって?っていうか実在するのか?

本書はそんな彼が手がかりゼロの状態、ウィキペディアでソマリランドを検索する所から始まる。

世の中には国境も秩序も無いような地域がたくさんある。独裁政治が行われていたり、イカサマ選挙が行われ、その結果に反発した暴動が起こり、暗殺が絶えない地域の数々。それが良いか悪いかは別として、たくさんある。