review

自衛隊は中国軍にボロ負けする『自衛隊vs中国軍』

自衛隊は中国軍にボロ負けする『自衛隊vs中国軍』
『自衛隊vs中国軍』かのよしのり・著/宝島社新書<br />中国軍と自衛隊の戦力を比較し、日本の防衛力増強と核武装を提言する本書。著者かのよしのりは元自衛官であり、拳銃のグリップ感から戦闘機の機動性まで軍事事情に精通する人物。それぞれの部隊編成から、装備は小銃、戦車、対空砲、迫撃砲などありとあらゆるジャンルの軍備説明が行われている。ちなみに中国では銃のことを「槍」といい、拳銃は「手槍」、狙撃銃は「狙撃歩槍」というらしい。政治的議論は抜きにしてトリビアを拾い読みするのも本書の楽しみ方のひとつだ。
素朴な疑問。自衛隊ってどれくらい強いのだろうか。軍事費世界第5位とか最新兵器揃いだとか聞いたことあるけど……。外国の軍隊と戦闘したらどうなる? たとえば領土問題に揺れるあの国と戦争になったら?

『自衛隊vs中国軍』という本が出版された。著者であるかのよしのりは、補給部隊に勤めていた元自衛官。以前エキレビで紹介された『狙撃の科学』など多数の軍事書籍を執筆する事情通だ。

本書は『最新兵器データで比べる中国軍vs自衛隊』として2007年の10月に発行されたものを大幅に改定したもの。わざわざ書きなおしたのは、2013年度の中国の国防予算が2007年と比べて2倍以上にもなった(約3472億元→約7406億元)からだ。急激な軍拡の行われる中国に対し、日本の自衛隊は十分な兵力を持っているのだろうか。
全5章構成となっており、第1章では中国の核戦力について論じられ、第2章で総論。残り3章で自衛隊と中国軍それぞれの陸上戦力、海上戦力、航空戦力を事細かに分析している。ピストルから戦闘機用の小ミサイルまで普段知りようのない兵器が写真や図説付きで解説されているので、兵器カタログとしても楽しめる。

著者の結論を先に言ってしまおう。
このままでは日本がヤバい
なにがどうヤバいのか、各戦力比較を簡単に紹介していこう。

――Round 1 陸上戦力

本書の解説を読む限り、陸上自衛隊は完敗だ。中国陸軍は、人数こそ40年前と比べて300万人から160万人と減った。だが一方の陸上自衛隊の定員は14万人。桁がひとつ違う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。