bit

自転車の耐用年数が2年ってホント?

確定申告の際、減価償却の資料をいろいろ見ていたら、意外な数字が目についた。それは、車両運搬具の法定耐用年数票に見る、自転車の「2年」というもの。自転車の耐用年数って、そんなに短いの?

実家には、姉が高校生のときに乗っていた自転車がまだ「現役」で働いていて、自分も実家に行くときにはよく借りている。もう20年以上前に買ったものなのに、なんの不便も感じない。
それでいて、現在、身の周りでは、1~2年単位、長くても数年で自転車を買い替えているような人もけっこういる。

自転車の耐用年数って、本当はどれくらいなのだろうか。都内の自転車屋さんに聞いてみた。
「自転車の耐用年数は一般的には10年程度です。ただし、乗り方や置き場の環境によって、大きく異なってきます。たとえば、部品などを交換しながら丁寧に乗っていると、20年も30年も乗れる場合もあれば、短期間でダメになってしまう場合もあります」

自転車の「環境」としていちばん悪いのは、やはり「野ざらし」だそう。
「野ざらしで、雨などにあたる環境にあると、1年程度でガタガタになってしまうこともあります」
また、メーカーによっても差はあり、ブリジストンなどの国内大手メーカーのものは、やはり長持ちするものが多いそうだ。

その他に、自転車の耐用年数で大きくかかわってくる要素はというと……。
「実は、乗る人の体重によっても耐用年数はかなり違ってきますよ。体重が軽い人に比べ、重い人はやっぱりタイヤなどへの負担が大きいですから。そして、もちろん移動距離によっても違います。例えば、移動の多い高校生の野球部男子などでは、一年で自転車がボロボロになってしまったような子もいますね」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク