review

「ゆきゆきて、神軍」を観たことあるか。観るがいい『傑作ドキュメンタリー88観ずに死ねるか!』

「ゆきゆきて、神軍」を観たことあるか。観るがいい『傑作ドキュメンタリー88観ずに死ねるか!』
『傑作ドキュメンタリー88観ずに死ねるか!』(鉄人社) 4月13日(土)から出版記念上映会も!
“奥崎謙三という人は、昔、殺人を犯して、その後、天皇に向けてパチンコ玉を撃った人でしょ。大変な相手ですよ。だって、奥崎は人をそのとき殺したいと思ってたんですから。そのために、映画を利用しようとしていた。つまり、原くんは殺人の共犯になるということですよね”
語っているのは田原総一朗。“原くん”というのは、ドキュメンタリー映画「ゆきゆきて、神軍」の監督、原一男のことだ。
その原一男は、龍村仁監督「キャロル」について、NHK上層部との闘いの経緯とともにこう書く。
“己の身体を抑圧してきた“何者か”の正体を暴き、その理不尽なものから己を解き放つことを企図したのだ”

『傑作ドキュメンタリー88観ずに死ねるか!』(鉄人社)、凝縮した熱と圧で本がぱんぱんに膨らんでいる。
73人それぞれの作品論が持つパワーはもちろん、編み集められたことによって、本書はたんなるドキュメンタリー・ガイドを遙かに超えてしまった。

たとえば、原一男の“既成の、NHK的客観性でかつ公平な作劇法ではなく、きわめて主観的だからこそ飛躍できるコラージュという方法を選んだ”という指摘は、清水節の紹介するNHKスペシャル「映像の世紀」“世界30ヶ国以上約200ヶ所のアーカイブから60000時間に及ぶ映像を選び出し”編集したことと衝突するように響き合う。
原一男監督「極私的エロス・恋歌1974」を“私的な視点で押し切る構成”と紹介する松江哲明のテキストとも交わる。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース