どういうわけか、坂口安吾の「戦争と一人の女」「続戦争と一人の女」が小説以外のメディアで連続再生している。
昨年(12年)、近藤ようこによる漫画が発表されて話題になり、今度は故・若松孝二監督の弟子に当たる井上淳一が映画化し、4月27日から公開されるやいなや物議を醸している。

「昭和官能文藝ロマン」という惹句だけに、まず目がいくのは、柳腰の主演女優・江口のりこの裸体。
それは「戦争が終わるまで、やりまくろうか」と男に言われるに値する。
嗜虐心をくすぐるセックスシンボルといえば、現在、檀蜜が頂点を極めているが、江口のりこが演じる「女」もかなり気になる。

この「女」は、わけあって一時は娼婦に身を落としたものの辞めて呑み屋の女将をやっていた。あるとき、その店の常連で、酒に溺れる無頼派作家(永瀬正敏)に誘われて彼の家に入り、奴隷ではないけれど玩具のように扱われる。
第二次世界大戦下、男は日本が戦争に負けるだろうと予想し、未来に希望をもてないでいるが、女は奥さんになったことを楽しむ。
ただ、女はある理由から肉体の喜びを感じることができなくなっていた。

それでもふたりは毎日体を重ねる。
目が酒で濁り全身は倦怠感に満ち満ちた男に弄ばれる女のカラダは、細いのに柔らかそうで、さんざん汚されてきたはずなのに澄んでいる。

性を通して戦争をみつめる視線は、映画のオリジナル登場人物である中国戦線で片腕を失って帰ってきた男(村上淳)によってさらに強くなった。