review

上川隆也、武田真治の演技はどうだった?「二流小説家」原作者、デイヴィッド・ゴードンに聞く

上川隆也、武田真治の演技はどうだった?「二流小説家」原作者、デイヴィッド・ゴードンに聞く
『二流小説家』原作者デイヴィッド・ゴードン<br />「武田真治さんは、まったくセリフはわからないのに、時々何を言っているのか理解できると感じる場面がありました。それくらい強力な演技でしたね」
「このミス」など年間ベストテン三冠王作品が映像化!
週末の6月16日から公開される『二流小説家 シリアリスト』(監督・猪崎宣昭)はアメリカ作家デイヴィッド・ゴードンの小説『二流小説家』を原作とするミステリー映画だ。ちょうど作者が来日中だったので直撃して映画の感想をお聞きしてみましたよ。もともとゴードンさんは「座頭市」や「仁義なき戦い」などの邦画も好きで、映画を製作した東映にも親しみを感じていたんだって。

「だから日本の映画会社からオファーを頂いたことは名誉に感じています」

ーー試写はご覧になりましたか?

「はい。役者さんが何を言ってるのかさっぱりわかりませんでした。自作がそうやって日本語で映像化されているのを観るのは、人生における最大の不思議な出来事でしたね」

『二流小説家』は、ミステリーやSF、ホラーなど、さまざまなジャンルの作品を手がけながら、まだ一般には知名度の低い作家が、連続猟奇殺人の犯人である死刑囚から独占インタビューの機会と引き換えにある依頼をされることから事件が起きる話だ。作家役の上川隆也、サイコパス役の武田真治それぞれの印象を聞いてみた。

「上川さんはハリー・ブロック(赤羽一兵)という主人公のキャラクターを非常によく理解して体現してくださっていたと思います。また、ダリアン・クレイ(呉井大悟)を演じた武田さんは、まったくセリフはわからないのに、時々何を言っているのか理解できると感じる場面がありました。それくらい強力な演技でしたね。特に印象に残っているのは面会室で作家と死刑囚が話す場面で、2人の役者さんが演技プランを考え抜いて演じられていると感じました」...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2013年6月13日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース