review

『反省させると犯罪者になります』を読んで愕然

『反省させると犯罪者になります』を読んで愕然
『反省させると犯罪者になります』(岡本茂樹/新潮新書)刑務所での累犯受刑者の更生支援に関わっている著者による価値観を揺さぶらされる一冊。
「悪いことをしたら反省するのが当然」「反省してもらわなきゃ困るよね」って考えてると、どんどん犯罪者が増えるよ。
ええええー!?
さらに、自分の子供を犯罪者にしてしまうよ。
って、ええええー!? どゆこと?
と驚きながら読み進めていった。
『反省させると犯罪者になります』
すごいタイトル。
でも、読んでいくうちに納得してしまう力がこの本にはある。

第3章に、女優酒井法子の事例が登場する。
覚醒剤取締法違反で逮捕された彼女は、“自らが犯した事件を謝罪する目的で、「贖罪」というタイトルの著書を出版”する。
これが、まさに「模範的な反省文」になっているのだ。
“これでは自分自身をみつめたことにはなりません。酒井さんには失礼ですが、書名を「贖罪」とするには、内容としては表面的でしかありません”。
また、保釈された後の記者会見での言葉を引用し、“自分の弱さ故に負け”“自分の弱さを戒め”“二度と手を出さない”といった部分をピックアップして、こう指摘する。
“反省することの問題点が、この文面に集約されています”。
彼女は本当に反省しているのか、彼女は本当に弱かったのか。

著者の岡本茂樹は、刑務所の篤志面接委員やスーパーバイザーとして受刑者を支援している。現場でつちかった方法論や試行錯誤が、本書にはしっかりと描かれている。

まず、そもそも「すぐに反省なんてできない」という事実だ。
にもかかわらず、すぐに反省を求めたり、何の手順も踏まずに反省文を書かせたりする。

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る 2013年6月19日のレビュー記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース