review

石原慎太郎を襲名するのはこの作家だ。冴え渡る毒舌「帰ってきた『文学賞メッタ斬り!』」レポ

石原慎太郎を襲名するのはこの作家だ。冴え渡る毒舌「帰ってきた『文学賞メッタ斬り!』」レポ
左から大森望、栗原裕一郎、米光一成、豊崎由美。豊崎が飲んでいるのは特別メニューの社長の毒舌レッドアイ。辛口です。
「これは石原慎太郎の襲名披露ですよ。慎太郎を襲名するのは俺だ!」

大森望と豊崎由美が文学賞を批評していく『文学賞メッタ斬り!』シリーズのイベント、「帰ってきた『文学賞メッタ斬り!』」が新宿ロフトプラスワンで行われた。登壇したのは大森望豊崎由美と、栗原裕一郎米光一成。ニコニコ生放送で芥川賞の解説をしている栗原、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の世界最速レビューをした米光。純文メガネ男子×エンタメメガネ男子がメッタ斬りコンビの間に並ぶ。
そんな四人が今回斬ったものは「芥川賞選評」「ベストセラー」

かつて芥川賞の話題の中心は石原慎太郎だった。選考会でも傍若無人にふるまい、選評も超絶辛口&毒舌。作品の批判をしながら日本社会の批判にアツくなることもあった。メッタ斬りコンビは石原慎太郎の一挙手一投足に大注目していたものの、2012年1月に石原が選考委員を電撃辞退(それを受けて『文学賞メッタ斬り!ファイナル』が出版された)。「慎ちゃん、君が選考委員を辞めたら、芥川賞が落ち着いちゃったよ」というような状態だった。
じゃあ、石原がいなくなったあとの「主役」は誰になるのか?

村上龍だった。

第149回芥川賞の受賞作は藤野可織の『爪と目』。幼い少女〈わたし〉の視線で、継母の〈あなた〉が語られる、ホラーテイストのある小説だ。発売中の文藝春秋には、『爪と目』をはじめとする芥川賞候補作に対する各選考委員の選評が掲載されている。村上龍の選評は、一行目からトバしている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「イベント + 大阪」のおすすめ記事

「イベント + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 東京」のおすすめ記事

「イベント + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「イベント + 福岡」のおすすめ記事

「イベント + 福岡」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年8月27日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. イベント 大阪
  2. イベント 東京
  3. イベント 横浜

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。