bit

笑うよりも難しい?泣くために聞く落語「泣語(なくご)」とは

笑うよりも難しい?泣くために聞く落語「泣語(なくご)」とは
泣かせるために、「泣語」を展開中!
物心ついた時から「泣くな!」と大人に言われ続け、それ以降は涙を棄てて生き続けてきました。……が、どうやら「涙」が見直されてきている模様。最近、そんな流れを確実に感じています。その“流れ”の一つとして、ご紹介したい。どうやら、「泣語」(なくご)なる試みがスタートしたようなのです。

これは、今話題の「涙活」を起ち上げたプロデューサー・寺井広樹氏がスタートさせた新たな涙の活動。
「今まで涙活を続けてきた中で、実感したことがあります。やはり映像を使って、目に訴えかける情報の方が人間は泣きやすいんですね。反面、音のみの情報だと想像力が必要となり、そこには受け手の能力が影響します。話だけで泣かせるって、難しいんです。でも、あえてそこに挑戦してみようと考えました」(寺井氏)

そんなこんなで、毎月恒例の「涙活」会場には、40人の泣きたい男女が参加。主に30~40代の男女が集まっており、完全に満席状態です。

そこに現れるは、泣語家(なくごか)の「泣石家(なかしや)芭蕉」さん。普段は埼玉の葬儀会社に務める男性が、この日は落涙必至の“噺”を持ってきてくれました。
「たくさんの感涙エピソードを持っていらっしゃる噺家さんです」(寺井氏)

ここで、泣語のルールについてご説明したい。まず、時間は5分以内と定められている。そして噺の終盤では、泣語家自身が目に涙を溜め、結局は自分も泣いてしまうのが決まりとなっているそう。
また、泣語には「体験泣語」と「創作泣語」の2種類があるとのこと。自身の体験を語るのが前者で、見聞きした情報を元に創作するのが後者。今回、芭蕉さんは『最後の言葉』なる体験泣語を披露してくれました。内容は、姉と弟の愛憎劇。そこに祖父の死が訪れ……。いかん、思い出すだけで泣いてしまいそうになる。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年9月11日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース