芸人・水道橋博士が編集長をつとめるメールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」は、2012年11月10日に創刊された。現時点ではおそらく、世界最多文字数のメールマガジンである。
013年8月25日に刊行された第20号を見ると、連載が30本もあり(9月10日刊行の第21号では32本に増殖)、20号記念の特別企画「水道橋博士の半世紀年表」までついていた。その総文字数は約27万! とてもではないが1日では読みきれない分量で、メールの容量制限をしているとはねられて受信できない場合さえある。最初は2分割で届けられていたが、この第20号は5分割であった。

なにこの過剰!

というわけで今回は、水道橋博士を直撃して「メルマ旬報」について話を聞きました。
あ、他人事みたいに書きましたが、私も執筆者の1人で、総量アップに貢献しています(「マツコイ・デラックス〜われわれはなぜ本屋にいるのか」)。

───(水道橋)博士がなぜメルマガを創刊されたのか、ずっとうかがいたかったんですよ。
博士 これはね、岡村靖幸さんを取り上げたかったのがひとつ。ふたりで対談、その他の企画を発表する、しかも、字数を気にしないでイイっていう媒体を選んでいた。あと動機のひとつは町山智浩さんなんですよ。町山さんが上杉隆さんを批判していたとき、一つの論拠が、上杉さんが有料メルマガで読者を囲い込みしているということだったのね。書き出しだけ見せて「あとは有料メルマガで」というスタイル。でも、俺は勝谷誠彦さんの有料メルマガを長く読んできたので、有料メルマガは否定しないんです。あと、出版業界のかたが出版不況をなげくのにいつも「最近の人は本を読まなくなった」とか言うでしょう。あれも俺から言わせればアントニオ猪木的に「ジャングルがなくなるって心配するよりジャングルをつくればいいじゃないか」という発想になる。人に活字を届けるすべとしては有料メルマガという形式でも伝えられる、メルマガなら無制限で字数は増やせるんだから限りなく書ける、どころか少なくてもいい。いや、書く、書かないのも自由、全く書かない休載でもギャラは払う。薄謝だけどライターの人数を増やせば問題ない。執筆者は気楽に原稿を書いてもらって単行本になる前の原稿のストックを貯めていくことが出来るって。で、編集者は申告制で只の会員になって、この連載をチェックしてもらって、良いと思ったらいつでも出版してください、こちらに著作権は持ちません、って構想を思ってたんですよ。これが今では、むしろ、出版をやってもいいとも思っている。