コンプティーク10月号が、瞬殺……というか、発売日前に枯渇、というとんでもない状態になりました。
理由は9割方、別冊付録に「艦隊これくしょん」(以下艦これ)本が付くから。
あまりのことに、緊急重版が決定しました。これはコストを考えると異例の事態です。
デジタルコンテンツ情報誌『コンプティーク』10月号 一部書店完売につき、緊急重版決定。
9月下旬に再発売されるそうなので、くれぐれも焦りませぬよう。
 
さて、ぼくは「艦これ別冊付録」と聞いて、一も二もなく予約した盲目の提督なんですが、みんながみんなそうなわけではない。ただの紹介別冊付録なら、こんな事にはならなかったんだよ。
この別冊付録、すごいから売れてるんだよ。
84ページ。口コミで「この内容はやばい」と提督中に広がりまくりました。
ぶっちゃけ、これだけの内容ならムック単体で出せますよ。
せっかく重版も決まったことですし、何がすごいのか、ピックアップします。
 
1・関連用語集に、実在の提督が多数載っている。
いきなりですが、編集部の作った関連用語集が、すごい。
基本的な「深海棲艦」とか「旗艦」のようなゲーム内用語はもちろん、「アイドル(那珂ちゃんのことだよー!)」や「猫(エラー画面のこと)」のようなネットスラングも載っている。ここまででも十分面白い。
しかし、この用語集には「艦これ」のゲームと直接関係ない、旧日本海軍の軍人の名前が多数載っている。どういうことだ……?

この記事の画像

「月刊誌なのに重版決定。ネット騒然「コンプティーク」「艦これ」別冊付録の凄い中身」の画像1 「月刊誌なのに重版決定。ネット騒然「コンプティーク」「艦これ」別冊付録の凄い中身」の画像2