review

森見登美彦さんが8割、僕が2割で京都を焼け野原にした。万城目学に聞く『とっぴんぱらりの風太郎』1

森見登美彦さんが8割、僕が2割で京都を焼け野原にした。万城目学に聞く『とっぴんぱらりの風太郎』1
『とっぴんぱらりの風太郎』万城目学/文藝春秋
万城目学は『鴨川ホルモー』などの関西の都市を舞台にした青春小説で読者に支持されてきた作家だ。その万城目が2年ぶりに世に送り出した『とっぴんぱらりの風太郎』は、なんと戦国時代末期を舞台にした時代小説だった。主人公の風太は忍者!

でも、なぜ万城目学が忍者小説を?

その謎について作者を直撃してまいりました! 前後篇のインタビュー、どうぞご期待ください。

───万城目さんはデビュー作から青春小説を書き続けておられますが、内容には伝奇ロマンの匂いがするものが多かったように思います。実はそういう傾向の読書体験をされてきた方なのではないか、と思っていたのですが、この想像は当たっていますか?
万城目 小学校のころに読んだ冒険ものとかのテイストが強いと思うんですよ。よく山田風太郎とか、半村良さんのお名前を出していただくんですが、子供のころには読んだことが無かったです。大人向けの伝奇小説って、僕が十代のころにはあまり無かったですし。触れる機会がありませんでした。
───ということは、この現代の伝奇ロマン的な作風というのは読書の影響ではなくて、万城目さんの中からでてきたものなんですね。
万城目 別に空想癖ってわけじゃないんですが、昔から変なことを考えるのはすきでした。そこに小説をくっつけるという発想はなかったんですね。大学3年生くらいから小説を書き始めたんですけど最初はずっと純文学を書いていました。新人賞に応募して1次選考も受からないような感じの代物です。29歳のときに、そろそろ諦めて就職しなきゃ、って局面になったんですが、今までのやりかたはだめだったから違うことをしてみようと思って、そのとき初めていつも空想しているような変なことを積極的に入れてみたたんですよ。そうすると話を書いていても楽しいし、中身もちゃんとしてる気がする。そうやって書いた

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。