review

得意の似顔絵が冴える『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』

日本シリーズの真っ最中だが、“文系野球ファン”にとっては観戦とともに、積読を消化するべくうれしい悲鳴を上げるきょうこのごろである。何しろ今年の秋は野球本が豊作だから。先だって大山くまおさんがレビューしていた中日ドラゴンズの新GM・落合博満の映画評論集『戦士の休息』のほか、ノンフィクション作家の長谷川晶一が、不祥事を起こしたある高校野球部の部員たちのその後を追った『夏を赦す』も気になるし、今月創刊されたばかりの『屋上野球』という雑誌は、まさに文系野球ファンのツボを押さえた内容になっていて、ページをめくっているだけで楽しい。

そこへ来て、『木田優夫のプロ野球選手迷鑑』という本が出た。木田優夫といえば、私のなかでは、毎年クリスマスイブ恒例の番組「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」に、トナカイの着ぐるみで出演している姿がまず思い出される。

いやいやいや、もちろん肝心の野球でも木田は大きな足跡を残しているのだが。日大明誠高校からドラフト1位で入った読売ジャイアンツをふりだしに、オリックス・ブルーウェーブ、それから米メジャーリーグのデトロイト・タイガースに移籍、オリックスにいったん復帰したのち、またメジャーのロサンゼルス・ドジャース、シアトル・マリナーズと渡り歩き、さらに日本球界に戻って東京ヤクルトスワローズ、北海道日本ハムファイターズに在籍、今年からはプロ野球独立リーグのひとつBCリーグの石川ミリオンスターズに「投手兼営業」という肩書で所属している。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク