bit

パリジェンヌの頭にうごめくものが……シラミ感染者が多いフランス

パリジェンヌの頭にうごめくものが……シラミ感染者が多いフランス
シラミ用シャンプーを探すなんてことにならないように気をつけたい
日本ではあまりお目にかからないシラミがフランスでは日常的だ。シラミ(アタマジラミ)とは人の頭部に寄生し血液を吸う昆虫で、直接髪の毛が触れた場合や帽子、スカーフ、クシ、ブラシの貸し借り、プールなどの脱衣所やタオルの共用をきっかけにうつる。

感染者は幼稚園や小学校に通う集団生活をする子供に多い。仏テレビ局フランス5によれば、フランスの3歳から11歳の子供のうち、1割から2割が頭にシラミを持っているそうだ。

フランスは気候が乾燥していることもあり、日本のように洗髪習慣を毎日持つ人は多くない。国立感染症研究所感染情報センターによれば、全体的にアタマジラミの寄生率は調査施設で大きく異なり、子供達の頭を洗う習慣と頻度は、気候的また文化的な背景が強く関係している。そのため一概に経済状態が反映しているとは言い難く、先進国、開発途上国は問わないという。

シラミの産卵数は1日当たり約3~4個で、1ヶ月に約100個産卵する。卵は約1週間で孵化し、吸血を繰り返して3回の脱皮後、約2週間で成虫になるそうだ。数匹の幼虫または成虫が寄生し始めた段階では、ほとんどかゆみは無い。3~4週間経過して個体数が増えると激しいかゆみを伴う。

シラミが一般的なフランスでは、薬局などへ行けば多くの駆除薬が並んでいる。日本ではあまり気に留めることも無かったが、フランスへ引っ越してから、子供が学校などでシラミをもらってきたという例も多い。子供向けの見本市やイベントなどでも、シラミ予防を啓蒙するブースがしばしば設けられている。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース