bit

全部で100種類! 美大生が一人で描いた紙コップアートが人気に

全部で100種類! 美大生が一人で描いた紙コップアートが人気に
申・セビョルさん作(多摩美術大学1年)。作品によって、早ければ3分で描きあげてしまう
紙コップといえば、使い終わったらすぐに捨てられてしまうもの。しかし、このような絵が描いてあったらもったいなくて捨てられない。描いたのは、多摩美術大学工芸学科1年の申・セビョルさん。ソウル出身の留学生だ。先日行われた学園祭で100種類を展示したところ大好評で、たくさんの作品が売れていた。申さんに、紙コップに描いた絵についてお聞きした。

●早ければ3分で!!

――そもそも、なぜ紙コップに絵を描こうと?
「紙コップって、使い終わると手でグシャグシャにされて捨てられてしまうけど、私はそれがすごく嫌だったんです。大切にしてもらえる方法はないかな~と思って・・・」

細かい線で描いてあるが、全て下書きをせずに描くという。
「描きたい絵を頭の中に描いて、それを描いていく場合と、描きながら考えていく場合とがあります」
――1個の絵を描きあげるのに、どのくらいの時間がかかりましたか?
「3分から30分です」
――さすが、描くのが早いですね!学園祭では100種類を展示されてましたが、全てを描くのに何日くらいかかりました?
「2~3週間です。疲れるというよりも、展示初日までに時間が足りないんじゃないかと思って、そっちの方が心配でした。前日までかかって、なんとか100種類を描き上げました。さすがに、60種類を超えたあたりから、ムリなんじゃないかと思って心が折れかかりましたけど(笑)」

途中でやめてしまってもいいようなものだが、まわりの人に「100種類作る」と言ってしまったがために、描き続けたという。

あわせて読みたい

  • バネ工場による起死回生! バネだけで組み立てるアート

    バネ工場による起死回生! バネだけで組み立てるアート

  • 気が遠くなるほど超細密な“塩アート”の世界

    気が遠くなるほど超細密な“塩アート”の世界

  • 世界のアート好き外国人が注目する小さな島、「直島」へ

    世界のアート好き外国人が注目する小さな島、「直島」へ

  • 美大生が1人で作った新宿の巨大地下地図「新宿地下考現学」

    美大生が1人で作った新宿の巨大地下地図「新宿地下考現学」

  • コネタの記事をもっと見る 2013年11月27日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース