bit

”フランス婚”は実際フランスで行われているのか

       
籍は入れていないものの、長いこと同棲している事実婚状態を「フランス婚」と呼ぶことがある。最近結婚した浜崎あゆみさんも、1回目に結婚していた男性とは籍を入れていないフランス婚だったそうで、先月最終回を迎えた人気ドラマ『リーガルハイ2』第6話でも、一妻多夫の事実婚を営む家庭の夫の1人が、フランスかぶれのキャラクターで描かれている。

この「フランス婚」という言葉、どうやらフランスの哲学者サルトルと女性作家ボーボワールが実践した「ユニオン・リーブル(内縁関係:直訳では自由な結びつき)」のイメージから、日本で派生したものらしい。では、実際フランスの結婚の形とはどのようなものなのか。

フランスには選択肢が3つある
まず知っておきたいのが、フランスには下記の通り、3つのカップルの形があるということだ。
(1) 日本のように婚姻関係を結ぶこと。
(2) パックス(PACS:連帯市民協約)という、青年に達した2人の個人間で安定した持続的共同生活を営むために交わされる契約のこと。
(3) ユニオン・リーブルという婚姻関係もパックスも結ばない、法的手続きを踏まないつながりを持つこと。日本で言われている"フランス婚"とはこれにあたる。

6月にオランド仏大統領が来日した際にファースト・レディとして扱いを受けたバレリー・トリルベレールさんは、オランド大統領とユニオン・リーブルの関係であり日本のメディアを賑わせたことは記憶に新しい。それでは、各カップルの割合はどれくらいなのだろうか。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。