review

「擬態語はひらがな、擬音語はカタカナ」教育の功罪

「擬態語はひらがな、擬音語はカタカナ」教育の功罪
『記者ハンドブック』第12版 帯の言葉“正しい用字用語、分かりやすい文章を書くために”“書き方の基本、豊富な用例、充実の資料。日本で最も多くの記者が使っている文章執筆のための必携書。”
       
「擬態語はひらがな表記、擬音語はカタカナというのがルール」と、ツイッターで話題になっていた(定期的に浮上してくるみたいだ)。
「超難しい小2国語のテスト」という問題の画像もツイートされている。
ひらがなで書くかカタカナで書くかを選ばせる問題で、それはこんなものだ。

1.星が(きらきら・キラキラ)している。
2.犬が(わんわん・ワンワン)ほえた。
3.うさぎが(ぴょん・ピョン)とはねた。

そして、答えはこう。
1.星がきらきらしている。
2.犬がワンワンほえた。
3.うさぎがぴょんとはねた。

わーーーん(T_T)
小2のテスト、俺は0点だな。

ツイッターでの議論が盛り上がっていて、
「自由でいいじゃないか」というものから、
「物書きのプロほど擬音語はカタカナ、擬態語はひらがなを徹底してる」
「難しいと感じるひとは恥じ入って勉強しましょう」といった内容のツイートまで、
まあ、あれこれ、あって驚く。

私はプロの物書きだ。
プロ志望者向けの講座までやっている。
だが「擬音語はカタカナ、擬態語はひらがな」を徹底などしていない。
断じてしてない。
プロは、そんな硬直化したルールを信じない。
基本はおさえ、そのうえでどのようにして乗り越えるか。
それを考える。
よりよいコミュニケーションを生み出すために既存の方法と戦うのがプロだ。

「でも、ここのpdfに以下のように書いてますよ」
“『記者ハンドブック』では、基本的に「擬音語はカタカナ、擬態語はひらがな」とす

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。