review

本日決定!書評家・杉江松恋の第150回直木賞候補全作レビュー&予想。ベテランvs.新人の熾烈な戦い

本日決定!書評家・杉江松恋の第150回直木賞候補全作レビュー&予想。ベテランvs.新人の熾烈な戦い
候補作のひとつ。『とっぴんぱらりの風太郎』万城目学/文藝春秋
第150回という節目の芥川・直木賞、今回もエキレビ!より予想をお届けします。
芥川賞の予想はこちら。前回と同じで★で表しているのは今回の本命度ですが、作品の評価とは必ずとも一致しないことをお断りしておきます(5点が最高。☆は0.5点)。

『あとかた』千早茜(初。新潮社)
今回、芥川賞は5人中2人が初ノミネートだが、直木賞は6人中3人と、なんと半数が新人である。節目の回に新しい風を入れようという意図であれば喜ばしいことだ。
初ノミネートの千早茜は、デビュー作『魚神』でいきなり第37回泉鏡花文学賞を獲得するなど、早熟の印象がある作家である。本作では第二十回島清恋愛文学賞を授けられている。
『あとかた』は6作からなる短篇集である。巻頭の「ほむら」は結婚を間近に控えている恋人がいるにも関わらず無頼な印象の中年男と知り合った女性が主人公、続く「てがた」ではその男の元部下だった男が語り手になる。男は結婚を機に妻の実家に近い郊外のマンションを購入、妻との距離がだんだん開いていくことを感じながらも、その日常になんとか足場を見出そうとしている。そして次の「ゆびわ」は男の妻が主役、といった具合に少しずつ登場人物が重なりながら展開していく連作なのだ。
「ほむら」の主人公は「互いが思っていることを明確な言葉にするのは怖い」「今あるかたちを壊さないように、結婚という枠にはめておくのだろうか」「留めたいと思った時点で、ものごとは膿んでいってしまう」と自身の結婚について思いを巡らせる。ここに各話に通底する主題が姿を現しているのだ。恋の衝動とは時間とは無縁に燃えあがる瞬間のものだ。それを続けようとしたとき思いは形骸化するのではないか。そういった疑念が登場人物たちの心中をよぎっていく。思いと時間の関係を描いた作品集なのである。思いは浮かぶはしからぽろぽろと風化していく。その儚さを手堅くまとめ、かつ神待ち少女や燃え尽き症候群の中年層まで多彩な登場人物を配す目配りも効いている。減点材料はないため高評価が期待できそうだ。ただし初陣ということを差し引いて、★★★☆というところか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。