review

自分でつけても戒名料は払うべきなのか『父の戒名をつけてみました』

自分でつけても戒名料は払うべきなのか『父の戒名をつけてみました』
『父の戒名をつけてみました』(朝山実/中央公論新社)。戒名の自作と葬儀、遺産相続をめぐるトラブルの実録ルポ。
『父の戒名をつけてみました』。
サラリと大胆なことを言い放つタイトルである。著者はルポライターの朝山実。プロフィールを見ると、地質調査員、書店員などを経てライターになったとある。花村萬月や井筒和幸、イッセー尾形らの単行本の編集を手がける一方で、インタビューも数多く担当。元・坊さんでも、現役の坊さんでもない。

なぜ、自分で戒名をつけようと思ったのか。著者はこう説明する。
“取るものも取りあえず、とよく言われるが、わたしの場合、父の訃報を聞いて鞄に入れたのは『戒名は、自分で決める』『葬式は、要らない』という、宗教学者の島田裕巳さんの新書二冊だった”

これら2冊は高価な葬儀や戒名に対する懐疑をひもといたもので、当時のベストセラー。『戒名は、自分で決める』は、故人と親密だったものが戒名をつけるのも可能だと説く。巻頭には「戒名作成チャート」があり、ステップに従い、故人を現すのにふさわしい文字を選ぶと、誰でも戒名がつけられるようになっている。

著者の父親は元気だったころ、「葬式なんかいらん」「坊主は頼まんでもええ」と言い、著者の「だったら、戒名はぼくがつけようか」という言葉に「おまえがかぁ」と笑っていたという。また、檀那寺(檀家としてつきあいのある寺)に対し、父親は「先代はよかったけど、いまのあの坊主はアカン。何かというと金カネ言いよって」と不満ももらしていた。こうした生前のやりとりを考えると、著者が父親の戒名をつけようとするのは、むしろ自然な流れのようにも感じる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「自分でつけても戒名料は払うべきなのか『父の戒名をつけてみました』」の みんなの反応 3
  • 天台沙門 通報

    現代の日本人は自分の名をつけることができないが、文化史的には戒名は死者となった人物の名のことである。したがって自分の生涯を漢字数文字で総括したものが「戒名」と考えるべきである。

    1
  • 匿名さん 通報

    根底が間違ってる。信仰心もないなら戒名なんてつけなくていいよ。 坊主もそこわかってないからなぁ。

    0
  • 匿名さん 通報

    浄土真宗はタダだよ、それくらい調べもしないで自分でつけるとかもうアホやねw どうせ気持ち悪い中二病的なのつけたんでしょ?

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。