review

断捨離の果て。まさか配偶者まで要らなくなるとは『捨てる女』

断捨離の果て。まさか配偶者まで要らなくなるとは『捨てる女』
『世界屠畜紀行』『飼い喰い〜三匹の豚とわたし』の著者が自らの断捨離生活を綴った<br />『捨てる女』(内澤旬子/本の雑誌社)。
本も物もなにもかも捨てられない。それどころか、古着や骨董、がらくたやゴミを買ったり拾ったりするのが大好き! という人が一転、”捨て暮らし”を始めるとどうなるか。
ルポライター/イラストレーターの内澤旬子は著書『捨てる女』のなかで、こう語っている。
“仕事場の本や道具やがらくたのカオスすべてが、いつのまにか反吐が出るほど見たくないものとなってしまったのである。自分でもちょっと怖いんだが、どうにもならない。”

きっかけは乳がんの治療。突如として、仕事場の本や道具、がらくたのカオスすべてに嫌悪感を抱くようになる。"モノはなけりゃないほどいいし、隠せるもんなら全部隠してつるっぺたにしたい。したいったらしたいんじゃあっ!!”という発作に襲われる。

そして、「まだまだ使えそうなものもなんもかんも、捨てまくる」「三年以内に着手できないもの使わないものは、いらん」というライフスタイルに向けて、大きく舵を切る。

まず、戸棚や冷蔵庫に巣食う保存食を必死に喰いつくすところからのスタート。実家から送られてきた、乾燥もずくと乾燥プルーンがそれぞれ30袋以上。1998年にサハリン取材でもらった”バラ科の「なにか」の実でできたジャム”に、著者が20代の頃、居候していた下宿屋のおばあさんが漬けていた梅酒の梅(著者は現在、40代半ばである)。「亜麦茶」と名付けるほどまずい麦茶も捨てられず、必死に飲む。

序盤では「捨てる女」と言いつつも、それほど捨てていないように見える。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。